TOP > 借地権の相続HOME > 借地権とは

借地権とは

借地権とは、建物所有を目的とする地上権又は土地の賃借権を意味します。 このうち、地上権は、土地の所有者と地上権の設定契約を締結して、その土地を直接的に支配し、利用することができる所有権に次ぐ権利であり、地上権者は土地所有者の承諾なしで譲渡または賃貸することができます。 地主さんにとっては非常に不利な条件の為、地上権はほとんど例が少ないようです。 

従って通常借地権と呼ばれているのは土地の賃借権をさしております。 

因みに借地権は相続や贈与の場合においては相続税や贈与税の課税対象となります。

借地権の要件

一般的に言われている借地権は賃借権をさしており

  • 建物所有(保存登記要)を目的として、
  • 土地の賃貸借契約を締結し、
  • 有償(その土地の固定資産税・都市計画税の3倍程度)

で利用する権利です。

借地権とは・借地権の条件・旧借地権の要件

駐車場のように建物なしで賃借している場合や資材置き場、また他人の土地に建物を建てながら無償で借りている使用貸借の場合は借地権には該当しません。

借地権を第三者へ譲渡する際には地主さんの承諾や承諾料が必要となりますが借地権を相続した場合は承諾は必要ありません。。

旧借地権とは

旧借地権は1992年に『借地借家法』が制定される以前の法律が適用される借地権です。
1992年(平成4年)7月31日までに契約が成立していたものは、旧借地法が適用されます。
旧法は借地権者の保護の側面が強く、地主さんからの更新拒絶や建物明け渡しや更地返還などは正当事由なしでは認められておりません。

旧借地権と普通借地権の違い

旧借地権と普通借地権の違い

注1)借地権契約において契約期間(存続期間)の定めがない場合、または存続期間より短期の契約を 締結した 場合は 無効となり、堅固な建物で60年、非堅固な建物で30年が適用となります。 更新も法定更新より短い契約の場合も無効となり堅固な建物で30年、非堅固な建物で20年となります。

注2)旧借地法上の借地権は、建物が老朽化によって朽廃した場合には、借地権が自動的に消滅することとなりますが、新法に基づく普通借地権にはこうした朽廃による消滅の規定がありません。

借地権の参考ページ

借地権の売却・相場

借地権を相続した時に知っておくべき事



借地権相続のインデックス

その他の相続手続きサービス

遺言書の書き方・作成方法を解説するサイト。分割協議書の作成方法のサイトです。