HOME公正証書遺言書の検索

公正証書遺言書の存在は調べられるの?

公証役場で作成した公正証書遺言書の原本は公証役場に保管されます。

法令(公証人法施行規則)で定められた保存期間は20年ですが公証役場によって異なるようではありますが作成してから50年間とか作成者が120歳まで保管されるそうです。 保管された公正証書遺言書は遺言者の名前、生年月日、証書の作成日等が遺言検索システムに登録されデータ管理されます。(昭和64年1月1日以降の公正証書遺言データが登録されています。)

■公正証書遺言書の調べ方と公正証書遺言書の謄本請求

公正証書遺言書の存在の問い合わせはどこの公証役場でも可能です。遺言者の法定相続人など利害関係者(受遺者や遺言執行者も含む)のみが照会の請求がで、公正証書遺言書の有無や作成した公証役場などが確認できます。

公正証書遺言書の存在が確認できた場合はその遺言書が作成された公証役場でみ公正証書遺言書の謄本の請求と受け取りができます。

■公正証書遺言書の検索請求や遺言書の謄本請求に必要な書類

公正証書遺言書の存在の問い合わせは下記の書類が必要となります。

  • 被相続人(遺言者)の除籍謄本
  • 相続人(検索依頼者)が被相続人の相続人である事が証明できる戸籍
  • 検索依頼者の免許書、パスポート、住基カードなど写真付きの身分証明ができるもの。
  • 検索依頼者の印鑑(印鑑証明書は不要)

遺言書に関する基礎知識インデックス


遺言書の書き方・文例集・サンプル

★自筆証書遺言書の書き方・作り方のポイントはこちらへ